マンションの入り口の鍵を変えても問題ない?

賃貸住宅への移動時の鍵交換は、主に防犯のために行われます。

鍵交換がない場合、前の居住者の鍵で家に侵入される可能性があります。

しかし、鍵が正しく交換されたとしても、鍵を守ることはできません。

欠員の目的があなたの家を狙う危険もあります。

それを防ぐために、防犯性能の高いキーに変更したいですか?

また、賃貸住宅の鍵を自分で交換することもできます。

このコラムでは、簡単な鍵交換方法と推奨鍵を紹介します。

また、誰が鍵交換手数料を負担するかを紹介します。

キーを交換して今より安全な生活をしましょう。

賃貸住宅のキーを交換する方が良い理由

賃貸住宅に移動する際には、元住民が使用した鍵が既に交換されていることがよくあります。

実際には、新しい住民が到着したときに鍵を交換する義務はなく、家主や所有者の判断に委ねられています。

しかし、近年、セキュリティを重視する住民がほとんどであるため、ほとんどの管理者が鍵交換を行っています。

入居時の契約内容に記載されます。

キーを交換する大きな理由は、「犯罪対策」です。

鍵を交換しないと、前の居住者が鍵を持っていれば、家に侵入する可能性があります。

違法な侵入や盗難を防ぐため、現在の移動時の鍵交換が必須条件であると言っても過言ではありません。

ホームキーが交換されない場合は、交換することをお勧めします。

確かに、あなたは賃貸住宅のためにあなた自身の鍵交換をすることができます。

その方法を紹介する前に、まず鍵交換手数料を紹介します。

賃貸住宅の主要交換料は誰が負担するのですか?

レンタル住宅のキー交換手数料は基本的に所有者または所有者が負担します。

国土交通省は、「国の復興のための指針」において、「鍵の交換は賃貸人の負担」と規定している。

ただし、居住者の過失により鍵を紛失または破損した場合は、この限りではありません。

このガイドラインは施行されていないため、所有者が負担する必要はありません。

しかし、現在の状況では、ほとんどの場合、家主が負担します。

しかし、それがどれほど交換されても、あなたが低い犯罪防止能力を持つ鍵であれば、心配するかもしれません。

犯罪防止能力の高い鍵を交換したい場合は、賃借人であるテナントが交換費用を負担します。

最後まで「借り手側の事情」と判断されたためです。

場合によっては管理者が責任を負う場合がありますので、所有者または所有者と一度相談することをおすすめします。

次の章では、賃貸住宅の鍵交換を自分で行う方法を見ていきましょう。

鍵交換自体は驚くほど簡単です

「防犯性能を向上させる鍵を交換すると思いますが、私は何を考えなければならないと思いますか?」

ここでは、あなた自身で賃貸住宅の主要な交換を行う方法を紹介します。キーはホームセンターや通販などで販売されています。

あなたのドアに合った鍵を買いましょう。

鍵があれば、再び交換します。

プラスドライバーとマイナスドライバを使用している場合は、ほとんどのキーを交換できます。

まず、ドライバーを使用してシリンダーを取り外します。

シリンダーのつまみを外すと、ネジが見えるので、それもすべて取り外します。

次に、ドアの側面にあるネジを外します。

すると、シリンダーとノブを固定しているピンが固定されているピンが現れますので、取り外してみましょう。

シリンダーは取り外すことができます。

そして最後に新しいキーを取り付けします。

シリンダーが挿入されたら、先に取り外したピンを再び挿入して固定します。

この時点でキーを一度挿入し、それが適切に開閉できるかどうかを確認しましょう。

あなたが元の位置に取り外したすべてのネジや部品などを返すことで、確認が完了します。

ツールに慣れている場合は、約10分で終了します。

ただし、貸し手の許可なく行うべきではありません。

家主の同意を得た上で交換してください。

また、鍵の悪化が深刻な場合などには、貸し手が責任を負うことが多い。

したがって、鍵を交換するときは、一度所有者と相談しましょう。

安全性の高い鍵であればディンプルキーをお勧めします

「私は自分で住んでいる賃貸住宅の鍵を交換したいですが、どのような鍵を交換すればいいですか?」
一部の人々は迷子になることがあります。

ここでは、高い防犯性能を備えた「ディンプルキー」を紹介します。

ディンプルキーは、キーの表面に凹凸があるキーです。

インデントは、異なるサイズの複雑な形状を持つため、選択しにくいキーとして知られています。

さらに、インデントの複雑さのためにキーを複製することは困難であるため、他のキーに比べてかなり高いセキュリティパフォーマンスを持つキーと言えるでしょう。

空きスペースの目的は、家に入るときに5分以上かかると侵入を諦める傾向があります。

ディンプルキーはピッキングなどのキーオープンに強いので、防犯性能をさらに向上させたい方にはお勧めの鍵です。

しかし、 “自分で鍵を交換するのは面倒です…”という人もいます。

このような場合は、キーを交換する業者に依頼することをお勧めします。

キープロフェッショナルの方は、あなたの希望に合ったキーを素早く交換できるはずです。

まとめ

ほとんどすべての鍵交換は、賃貸住宅が入っているときに行われます。

鍵を交換しないと、前の住民と同じ鍵で家に侵入する危険性があります。

賃貸住宅の主要な交換では、所有者および他人が基本的に費用を負う。

セキュリティ対策のために、ほとんどの賃貸住宅は新しい住民が到着したときに鍵交換を受けていますが、一部の人は主要な犯罪防止のパフォーマンスを懸念しているかもしれません。

その場合は、高い防犯性能を持つ鍵に交換しましょう。

また、賃貸住宅の鍵を自分で交換することもできます。

ただし、家主等の同意を得た上で交換してください。

「あなた自身と交換するのが難しい」または「面倒です」と感じる場合は、鍵を交換する業者に相談してください。

あなたの希望に最も適したキーを直ちに交換する必要があります。

関連記事

ページの先頭へ