作ることができない、または作ることを断られる鍵とは?

このような状況を避けるために、あなたは入り口の鍵を失い、家に入ることはできません。鍵です。

鍵を所有している場合は、通常使用する鍵を紛失した場合でも、鍵の鍵を開くことができます。

しかし、対応する鍵を作ることができない時があることを知っていますか?

鍵は精密機器であるため、鍵を作成することが困難な場合もある。

このコラムでは、鍵を作ることができない場合について説明します。

どの場合キーキーを作ることができないのかを事前に把握しましょう。

鍵付きの鍵を作るために準備すべきもの

キーを準備するときは、必ず「元のキー」を用意してください。

オリジナルのキーは、キーホールをキーアップするときに取得するキーです。

キーを製造する場合は、新しいキーの元のキーからキーを作成してください。

理由は後の項目で説明しますが、疲れた鍵や鍵を持ってくると、鍵を作成できないことがあります。

また、防犯対策として身分証明書の提出を求める場合があります。

だから、その場合は、運転免許証などを一緒に持って行きましょう。

また、ディンプルキーなどのキーにはセキュリティカードが必要な場合があります。

近年では、ネット上にキー・キーを作成するサービスもあります。この場合、キーの写真とキー番号だけでキーを作成することができます。

別途送料がかかりますが、ホームセンターやロッカーに行くことなくキーを受け取ることができます。

鍵から新しい鍵を作ることはできないのは本当ですか?

一致するキーから新しいキーを複製することは不可能であるという話があります。

残念ながら、既存のキーから新しいキーを作成できない場合があります。

元のキーと新しいキーを作成すると、肉眼では見えないわずかなエラーがシェイプに生成されます。

エラーが大きくなると、キーホールが一致するキーと一致しないというリスクがあります。

鍵穴と一致しない鍵を引き続き使用すると、鍵穴が破損する危険性があります。

このようなトラブルを避けるため、店舗によってはマッチングキーから新しいキーを拒否することがあります。

また、オリジナルのキーであっても、擦れた部分には小さな欠けや歪みがある場合があります。

このようなチッピングや歪みによってキーにエラーが発生するリスクがあるため、重複キーを作成するたびに新しいオリジナルのキーを持参してください。

また、元のキーはメーカー名とキー番号であることに注意してください。誤ったキーを間違えないように注意してください。

元の鍵を受け取るとすぐに元の鍵を保持し、元の鍵を1つ保管することをお勧めします。

鍵を作ることはできませんか?

キー・キーを作成することが困難なディンプル・キーとは何ですか?

キー付きキーを作成するのに難しいキーがいくつかあります。

それらの1つは、ディンプルキーと呼ばれる表面にくぼみを有するキーである。

このディンプルキーはピックアップされにくいため、防犯性は高く、近年は様々な家庭で採用されています。

ディンプルキーは非常に正確に構成されたキーで、専用の装置がない場合は、マッチキーを作ることはできません。

そのため、一部の店舗ではキーを作成できない場合があります。

また、専用の設備があっても、独自の形状のためキーができない場合があるようです。

また、製品の種類によっては、キーカードの製造を最初に禁止することもできます。

その場合、メーカーから直接鍵を入手する以外に選択肢はありません。

また、ディンプルキーのキーから新しいキーを作成することは不可能です。

すぐにはできませんか?

主要生産のための費用と日数

次に、キーのキーを作成するときに必要な経費と日数は?

キーの種類によってコストと必要な時間が変わるため、キーを作成するキーの種類を事前にお知らせください。

ディスクシリンダー錠とピンタンブラー錠の鍵は、生産に約3〜5分しかかからず、原価も約300〜600円で、ほとんど安価です。

さらに、これらのキーは、壊れた状態からでもキーを作ることができます。

一方、ディンプルキーのキーを製造するには2,000~4,000円程度のコストがかかるが、それを作るのに20~60分かかる。

また、製品の種類によっては、同じキーを作成できない場合があります。その場合は、注文を行う必要があります。

キーを注文するときは、最大で2週間必要です。

基本的には、防犯性の高いキーとして、精度を作り出しています。

したがって、必要な経費と日数も増えると思う方が良いでしょう。

また、ディスク・シリンダー・ロックとピン・タンブル・ロックをキーに合わせて簡単に行うこともできますが、セキュリティーは高くないことに注意してください。

まとめ

キーは非常に正確であるため、既存のマッチングキーから作られたマッチングキーは使用できない場合があり、最初は専用の機器がないためマッチングキーを作成できない場合があります。

キーの製造を計画している場合は、キーの種類だけでなく、製造元や品種も調べてみましょう。

店に行っても、「このタイプのキーを作ることはできません」と言われても拒否された場合、苦労は水の泡になります。

キーを作成したい場合は、ロッカーにお尋ねすることをお勧めします。

一般的に重要な問題を処理できるロッカーの技術があれば、キーロックをすばやく作成する必要があります。

その時、ディンプルキーのキーを作ることができるかどうか調べてみましょう。

関連記事

ページの先頭へ