鍵が回転しにくくなった…鍵穴専用の潤滑剤でメンテナンス!

キーは毎日使うことです、突然キーが回らなければ、それは非常にせっかちです。

電源を切っても、強制的に回すとキーが変形したり、キーホールが劣化することがあります。

キーがうまくいかないときは、キーホール専用の潤滑剤とキーホールのメンテナンス方法を練習しましょう。

このコラムでは、鍵がうまくいかないときに練習したい鍵穴のメンテナンス方法を紹介しています。

最近、鍵の状態が良くないと思ったら、参考にしてみてください。

絶対NG!

鍵穴に専用のキーホールを使用しましょう

鍵は家の盗難、車の盗難、自転車のバイクなどを防ぐために毎日使われていると思います。

キーを開こうとすると、「キーホールを差し込んだが、キーが変わらない」のような経験をしていますか?

実際、鍵穴は毎日使用されているため、劣化することがあります。

劣化に加えて、埃や砂などのごみが鍵穴に蓄積することがあります。

また、キーホールのキーホールには、もともとキーの摺動性を向上させる潤滑剤がありますが、潤滑剤がなくなって回転しにくい場合があります。

回転しないキーの原因が潤滑剤である場合は、潤滑剤を補充する必要があります。

この潤滑剤はキーホール専用の潤滑剤を使用していますので、他の潤滑剤や食用油を使用すると誤動作の原因となります。

鍵穴には常に特殊な潤滑剤を使用してください。

キーが回転しにくい場合のメンテナンス方法

キーを挿入していてキーがうまくいけない場合は、まず自分自身でメンテナンスを試してみましょう。

掃除機の使い方

掃除機を鍵穴に直接取り付け、鍵穴に集められたごみを吸い取る方法です。

掃除機の口がキーホールと一致しない場合は、ほこりやその他の手段を使用してキーホールから埃を取り除くこともできます。

鍵もきれいにしましょう

キー自体にほこりや汚れが付着することがあります。

汚れが付着した鍵穴に挿入すると、キーホール内に埃が蓄積したり劣化したりするので、キーを清掃することが重要です。

キーの細かい溝をきれいにすることができる摩耗した歯ブラシのようなものを使って汚れを取り除きましょう。

主要潤滑剤のみを補充する

キーホールからゴミを吸い取るが、キーの周りを回らないときは、キーの潤滑剤をキーホールに補給しましょう。

潤滑剤を入れた後、キーを数回出し入れし、潤滑剤をキーホールに浸透させます。

潤滑剤がない場合は、鉛筆で代用することもできます

手元に潤滑油がない場合は、鉛筆で置き換えることができます。

キーを黒く鉛筆で塗り、キーホールに挿入しましょう。

鍵にも生涯があります!

このような症状の交換を検討しましょう

キーのメンテナンスとして掃除機を使用して掃除機を使用しても、キー潤滑剤を入れてもキーが回転しないことがあります。

その場合、それは鍵の寿命かもしれません。

鍵は毎日使用されているので、使用している間は忘れずに着用します。そのまま放置すると鍵が回転しないか、鍵が出なくなります。

また、キーが回転しないため強制的にキーを回転させると、キー自体が変形することがあります。

キーが変形している間にキーを挿入すると、キーホールが壊れて誤動作の原因となります。

同じキーを長時間使用し続ける場合は、キーの交換を検討してください。

いろいろな種類のキーがありますが、一般的に使われているギザギザの形の鍵であれば、約10年の寿命と言われています。

また、犯罪防止能力の高い鍵であれば、約5年後に人生が到来する可能性があります。鍵屋

したがって、約10年後にキーを交換することをお勧めします。

ただし、鍵穴の劣化や鍵自体に変形が見られる場合は、交換基準より早く交換することをおすすめします。

キーを交換する場合は、高いセキュリティ保護ディンプルキーを使用しましょう

キーの寿命があるので、キーを回さなくてもキー潤滑剤などを使用するときは、キーの交換について考える必要があります。

鍵を交換したいのですが、最近は、防犯性の高いさまざまな種類の鍵があるため、迷子になってしまいました。

ディンプルキーと呼ばれる種類のキーは、安全性の高いキーが推奨されています。

ディンプルキーは、キーの表面にくぼみがあるキーです。

一般的に使用されるキーにはギザギザの溝が付いていますが、このタイプは簡単にピッキングダメージを受けやすいです。

ディンプルキーはピックアップされにくく、防犯性の高いキーとして使用する人が増えています。

高度な防犯用ディンプルキーのキーを交換する場合は、業者に交換と交換を依頼することをお勧めします。

交換のコストは業者によって変わるため、事前に見積もりを行い、交換前にどれくらい費用がかかります。

一度近くの業者に相談してみてください。

まとめ

突然キーが回らないときは、落ち着かずに静かにキーメンテナンスを練習しましょう。

掃除機やエアーダスターでキーホルダーから埃が取り除かれ、キーがひどく巻きついているときは、専用のキー潤滑剤を使用しましょう。

鍵穴に特殊潤滑剤以外の食用油やその他の潤滑剤を使用すると、故障の原因となります。

購入する際には、それが鍵であるかどうかを正しく検証することが重要です。

キーを保持していても、キーの周囲が良くない場合は、キーの寿命になる可能性があります。

キーを劣化させて使用すると、キーがキーホールに壊れることがあります。

変形するときは、鍵交換を考慮して、使用を控えるようにしましょう。

近年、防犯性の高いディンプルキーが普及している。

キーを交換するときは、業者に尋ねることをお勧めします。

交換手数料や作業期間は仕入先によって異なる場合がありますので、業者と一度相談してください。

関連記事

ページの先頭へ